家政夫のミタゾノ 2016年シリース 全話あらすじ TOKIOの松岡昌宏が、市原悦子、米倉涼子が演じてきた家政婦とは一味違う男性家政婦を演じる。劇中に登場するお役立ち家事スキル&情報は、すぐに試してみたくなる。

家政夫のミタゾノ

見どころ/ストーリー紹介

人の家庭を崩壊させて再生する家政夫・ミタゾノの活躍を描く痛快ヒューマンドラマ
TOKIOの松岡昌宏が、市原悦子、米倉涼子が演じてきた家政婦とは一味違う男性家政婦を演じる。劇中に登場するお役立ち家事スキル&情報は、すぐに試してみたくなる。
男性ながら家事全般を完璧にこなす一流家政夫・三田園薫。派遣先の家庭に隠された秘密を知った彼は、それを暴くべくわなを張っていく。三田園の行動は家族が再スタートを切るきっかけとなり、結果的にその家庭が抱えていた問題を解決することに。

家政夫のミタゾノ 2016年シリーズ 全話 あらすじ

第1話 のあらすじ

現職都知事の小津鮫洋一郎(板尾創路)の自宅に、「むすび家政婦紹介所」から、花田えみり(清水富美加)と大柄な女性?三田園薫(松岡昌宏)の2人の家政婦が派遣されてきた。

2人は到着早々、小津鮫の飼っている犬に襲われるが、その犬をあっさりと懐かせた三田園。
小津鮫家で2人に与えられた仕事は、基本的に掃除、洗濯、食事の支度、そして、この飼い犬のお世話。
ただし、一番奥の部屋には近付かないようにと言われるのだった。

小津鮫家の写真立てを眺め、絵に描いたようなうらやましい理想の家族だというえみり。
勝手に写真立ての順番を入れ替えていく三田園は。
その矢先、小津鮫のもとに、「都知事選に出るな」と書かれた手紙が届いた。
しかし、なんとしても成功させたいシルバータウン計画があるので脅迫に怯えてはいられないという小津鮫。
ゴミの回収と、お昼ご飯のメニューを決めるため、小津鮫の娘・美帆(畑芽育)のところへ向かった三田園。 三田園はある物を美帆の部屋から見つけ・・・・。

そして、小津鮫の妻・清美(赤間麻里子)から、大至急で都庁にいる小津鮫に封筒を届けて欲しいと頼まれた三田園。 さっそく都庁へと向かう三田園。
しかし三田園がその封筒の中身を勝手に見てしまうと、そこには、ある会社名と日付が記されていた。

仕事を終え、「むすび家政婦紹介所」に戻った三田園とえみり。
所長・阿部(平田敦子)から感想を聞かれると、感心しきりのえみりに対して、三田園は、「一見きれいに見えても汚れが溜まっている」と言うのだった。

そして、1枚の写真と先ほどの書類の写メを見せる三田園。
それを見てそれらは不正献金の帳簿だと推理する安部。
「家政婦には守秘義務があるから、ばれないように」と三田園に告げる阿部に対し、知らん顔に三田園。

万引き、裏口入学、脅迫、愛人、そして不正献金、次々と明らかになる小津鮫家の秘密。

翌日、スーパーで万引きをしている清美を見つけた三田園。
凍りつく清美。

その夜、レストランで待ち合わせをしていた小津鮫夫妻。
清美が以前、小津鮫からもらったネックレスを付けてくると、「贅沢しているように見えるものはつけて来るな」と怒る小津鮫。

そこにマスコミの姿を見つけた小津鮫は、大事な家族との時間だからと取材を丁重に拒否するが、これは選挙前にイメージアップをするための小津鮫の計画した自作自演だったのだ。

小津鮫の策略とは反対に、不正献金や愛人問題などのスキャンダルが公になりピンチに陥る小津鮫。

一連の出来事が娘の真帆の仕業だとわかった小津鮫は、「今の暮らしが誰のおかげで成り立っているのか!」 と美帆を責め立てた。

「昔のほうが良かった。みんなで笑って過ごせていたあの頃のほうが」とこたえる美帆。

バラバラになっていく家族の様子を、物陰から見ていた三田園の口元には笑みが・・・・・

第2話 のあらすじ

今回「むすび家政婦紹介所」の家政婦、三田園薫(松岡昌宏)と花田えみり(清水富美加)が派遣されたのは、「お嫁さんにしたいナンバー1女子アナウンサー」に選ばれ、“キスパン”の愛称で人気を博している木杉舞(小林涼子)の自宅。

さっそく、舞の自宅を訪ねた三田園たちが目にしたのは・・・・。
何とそこには、双子の子どもが・・・・。

実は、舞には双子の隠し子がいたのだった。
もちろん世間には秘密の事であった。

今までは、舞の母・登代子(山口智恵)が同居し、子どもたちの面倒をみていたが、持病のヘルニアが悪化して入院することになった為、家政婦の依頼をしたのだった。

勝手に家政婦を雇ったことに激怒する舞。
しかし、鮮やかな三田園の手さばきに感心した舞は、秘密を守ることを条件に三田園たちを受け入れるが・・・・。

初めは三田園たちのことを信用していなかった舞だが、三田園の家事の見事さに信用し始めていく。

ある夜、ストーカーに悩んでいるという舞の自宅の前に不信な人物の姿があり、玄関を開けると、そこには誰の姿もなく、ケーキが置かれていた。

不信に思い、そのケーキを「むすび家政婦紹介所」に持ち帰ったった三田園。
三田園が調べてみると、そのケーキは舞へのプレゼントではなく子どもたちへ送ったものだと判明した。

一方、舞は冠番組を持ちたいという野望と子どもたちのことを両立させるため、子どもたちをイギリスに留学させようと計画していた。

子どもたちは、舞に仕事を辞めてそばに居て欲しいと願っているが・・・・。

そこで、えみりが子どもたちの父親を探すことにし・・・・。

子どもたちの父親は売れない役者で、ケーキ屋でバイトをしている野口という男だとわかった。

えみりは事情を話して野口を説得し、子どもたちと一緒に暮らすことを約束させ・・・・

第3話 のあらすじ

三田園薫(松岡昌宏)と花田えみり(清水富美加)は急遽新たな場所に派遣された。
今回の派遣先はとくやまグループの若き社長である徳山康介(小西遼生)の家であった。

目を見張るような大豪邸に到着したふたりは、早速、この家のしきたりであるメイド服に着替えさせられた。

そして、ひとりの家政婦のもとで大勢の家政婦がテキパキと掃除をする大広間に連れられる。

そこは “家政婦総取締役”=春日井福子(夏木マリ)が取り仕切る“大奥”のような世界だった。

徳山家家政婦の頂点に君臨する福子は「使えない家政婦はゴミ同然。ゴミにゴミは拾えない」という信念を持っていた。

ひとまずテーブルの埃拭きのアイディアでその腕を認められた三田園。
三田園の一流の家事スキルさえも凌駕するほどの知識とスキルを持つ福子。

三田園と福子は静かな火花を散らすことになり・・・。 そんなある日、ちょっとしたきっかけで福子の秘密をしってしまったえみり。
加えて、康介から無理やり襲われそういなったところを平手打ちでかわしてしまったえみりは、福子の怒りをかい、屋敷を追い出されてしまった。

ひとり屋敷に残された三田園は、えみりが知ってしまった秘密の続きを探り始め・・・。
そんな中、徳山邸では康介と大会社の社長令嬢のお見合いを兼ねた夕食会が開催された。
張り切る福子を尻目に三田園は何かを企んでいるような表情を見せ・・・・・・

第4話 のあらすじ

三田園薫(松岡昌宏)と花田えみり(清水富美加)の今回の派遣先は豪華な邸宅。
そこは主の勅使河原忠(森下哲夫)と美津子(中村静香)という若い女性が暮らす、新婚ホヤホヤの愛の巣だった。

三田園薫(松岡昌宏)と花田えみりが勅使河邸に着いた時、勅使河原が「ふたりきりで暮らしたいから出ていって欲しい」と息子の章一(林泰文)とその妻である益美(西尾まり)に伝えていた。

美津子が結婚したのは財産目当てではないかと怪しむ益美は、美津子が不審な行動をしないよう見張り役も兼ねて三田園たちを雇うことにしていたのだった。

三田園たちの登場と同時に、勅使河原家では朝食のことで美津子と益美が一触即発状態になり・・・・。 朝からハンバーグを用意したという美津子に対し、「そんな高カロリーで塩分の高いものを!」と激怒する益美。

10分でつくれるヘルシーな「オムレタス」を作り上げ、一同を感心させることに成功したさっそく三田園。

その後も相変わらず勅使河原に対して本当に愛しているのか疑わしい行動を繰り返す美津子。

どんどん疑心暗鬼になっていく益美たち。

三田園も家事を進めながら、少しずつ勅使河原家の内情を探り始めると・・・。 えみりと三田園の話を聞いた『むすび家政婦紹介所』の結頼子(余貴美子)は、美津子のことを“後妻業のプロ”ではないかと推測した。

後妻業とは、老い先の短い男性と懇ろになり、遺産をもらっていくという稼業。
美津子の目的は勅使河原の遺産でしょうか? やがて三田園は美津子の思惑、そして勅使河原家に隠されたもうひとつの秘密を知ることになり・・・・

第5話 のあらすじ

「家主夫婦の留守中、掃除と娘の世話を」と言われ、安藤家にやってきた三田園薫(松岡昌宏)と花田えみり(清水富美加)。

三田園薫と花田えみりが安藤家に入っていくと、ひとりの男(新田和臣=マギー)が出てきた。

その男が依頼主の安藤だと思い込むえみり。
しかし三田園は、男に対して怪しさを感じ・・・。

その男新田は、留守宅の安藤家に侵入し、金品を盗もうと企んでいたのだった。

新田が金庫を開けようとしていたところに、安藤の娘であるアイリ(豊嶋花)が帰ってきた。
あわてた新田は、アイリを拘束して風呂場に閉じ込めていたのだった。

家主のフリをして家政婦の三田園たちを迎えた新田。
しかし勘の鋭い三田園を誤魔化すことは難しく、そして、アイリの存在を知られることになり・・・・。

アイリの背中に付いていた粘着テープの一端を三田園に発見され、万事休すと思ったその時、新田に向かって「お父さん」と叫ぶアイリ。

さらに逃げ出そうとした新田を捕まえて、「具合が悪いから家にいて」と新田を引き止めるアイリ。

アイリの助けを借りながら、なんとか三田園たちのことをやり過ごそうとする新田だったが・・・・。

しかし、化けの皮がこのまま剥がれないわけがなく、えみりまでも次第に新田の怪しさにかんづき始めた。

家政婦紹介所の結頼子(余貴美子)らの協力を得て、やがて新田が本当の家主ではないとわかった。

しかしアイリがあそこまで新田に懐いている理由が分からない。

そこにはアイリと本当の両親との間にある秘密が・・・・

第6話 のあらすじ

花田えみり(清水富美加)が退職を決意したところに、えみりの中学時代の恩師・金森八重子(浅田美代子)から、むすび家政婦紹介所に依頼が入った。 えみりの退職を了承した結頼子(余貴美子)は、えみりの代わりに三田園薫(松岡昌宏)を八重子の家へ派遣しようとする。

しかし恩師が三田園にひどい目に遭わされては大変と思ったえみりは「この仕事を最後にします」と宣言し、八重子の家へ向かった。

しかし八重子の家には既に三田園の姿があり・・・。

家の中を見回し、何かを探ろうとする三田園。
「先生のことを追い詰めたら絶対に許しませんからね!」と釘を刺すえみり。

“理想の教師像”のような八重子は歴代の教え子からも信頼も厚く、まさに教師の鏡で会った。

えみりは「あんなにみんなから慕われているんだから、あなたが喜ぶような隠し事はありません」と三田園を牽制するが・・・。

しかし三田園は八重子が、もしかしたら免許を持たないニセ教師なのではという情報をつかんでいた。

破壊行動を開始しようとする三田園に対し、恩師を守ろうとするえみり。

ついにえみりは、三田園のカツラを奪いとり・・・・

第7話 のあらすじ

今回の三田園薫(松岡昌宏)と花田えみり(清水富美加)の派遣先は、100年続く老舗干物店『松丸商店』の社長である松丸保志(温水洋一)宅。

ぎっくり腰になってしまった妻の聖子(濱田マリ)に代わり、3日後に控えた法事の準備をするため、住み込みで手伝いをすることになった三田園薫と花田えみり。

広さは十分だがとにかく古い松丸家を「幽霊屋敷みたい」と怖がるえみり。
普段は何事にも動じない三田園も、どうやら幽霊にだけは少し怯えているようで・・・。

些細な物音にさえも怯えながら迎えた翌朝、「幽霊を見たことがある」と三田園たちに告白する聖子の娘・りん(新井美羽)。

「不思議なことがいっぱいあるのが人生だってお父さんとお母さんが言ってた」とあっさりと幽霊の存在を認めるりん。

この家に潜む怪しい空気を敏感に察知する三田園。

誰も居ないはずのトイレから物音がする、と聖子に報告したたえみり。

止まったままだったはずの柱時計がいきなり動き出したり・・・・。

これまでにも家政婦がすぐに辞めてしまったり、と不可解な出来事が頻発していたことを知ったえみり。

えみりは本当にこの家には幽霊がいるのではないか、と思い・・・。

最終話 のあらすじ

今回の三田園薫と花田えみりの派遣先はカリスマ主婦と呼ばれる富田その子の大きな邸宅。

その子と息子の毅、そして行方不明の夫が3人で写る写真を見たえみり。

えみりは、その男性が三田園にそっくりなことに驚がくし・・・・

『家政夫のミタゾノ』を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!
『家政夫のミタゾノ』はU-NEXTで配信しているかも?
U-NEXTなら31日間無料でトライアル出来ます!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
家政夫のミタゾノの見逃しチェックするなら<U-NEXT>

キャスト・スタッフ

出演 (三田園薫) 松岡昌宏
(花田えみり) 清水富美加
(藤川蘭) 柴本幸
(有沢春希) 堀田茜
(阿部真理亜) 平田敦子
(結頼子) 余貴美子
監督 七高剛
小松隆志
片山修
音楽 ワンミュージック
脚本 八津弘幸
小峯裕之
山岡潤平
西荻弓絵

『家政夫のミタゾノ』を見るならU-NEXTをチェック!
『家政夫のミタゾノ』はU-NEXTで配信しているかも?
U-NEXTなら31日間無料でトライアル出来ます!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
家政夫のミタゾノを見るなら<U-NEXT>

著作権法について

著作権法について調べてみました。

  • 他人のために市販の音楽CDから無断でコピーする。
  • 音楽を権利者に無断でインターネット上に公開する。(ダウンロードできる状態にする。)
  • 違法に公開された音楽とわかっていながらダウンロードする。

この中でも2012年10月1日から市販のCDやインターネット配信で販売されている音楽と知っていながら、ダウンロードしてしまうと刑事罰の対象となります。

 

これらは全て著作権法に違反した行為です。

著作権法では違法に公開された音楽とわかっていながらダウンロードすることは刑事罰の対象となります。

「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはその両方」の罰則が規定されています。

公式配信サイト以外での視聴は法的なリスクを伴うので絶対にやめましょう。

違法にアップロードされた動画の視聴は危険です

今現在『家政夫のミタゾノ』がPANDORAやDailymotionで観れないとしても、今後『家政夫のミタゾノ』の動画がアップロードされることがあるかもしれませんので、もう少しすれば、これらのサイトで無料で動画が見れると思ったりしませんか?

でもこれらの動画共有サイトの動画は、違法にアップロードされたものになるので、これらの動画を視聴するのは非常に危険です。

YouTubeの公式チャンネルであれば、番組で公式に制作したものなので問題ありませんが、動画共有サイトの動画などは、違法にアップロードされたかもしれないので、著作権に違反している危険性がります。

著作権に違反している動画をネット上にアップロードした人は処罰の対象となるというのは、良く知られていると思いますが、それだけでなく、視聴した人もも処罰の対象になる可能性がゼロとは言えません。

軽い気持ちで違法動画を見てしまって、後々大変なことになってしまうことがあるのです。

著作権に違反するだけでなく、無料の動画共有サイトに安易にアクセスすると、ウイルスに感染してしまう危険性もあります。

無料の動画共有サイトの中でも、中国が運営管理している動画サイトはリスクが高いです。

中国の動画共有サイトでは、、

  • ウィルスへの感染
  • 個人情報の抜き取り
  • 悪質なワンクリック詐欺サイトへの誘導

などの危険性が高いです。

 

後で後悔しないためにも、U-NEXTのような公式で動画を配信しているサイトで動画を見ることをおすすめします。

楽天ブックス

『家政夫のミタゾノ』の第○話を見たい!
そんな時はU-NEXTをチェックしましょう!
U-NEXTでは『家政夫のミタゾノ』を配信しているかも?
U-NEXTなら31日間無料でトライアル出来ます!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
家政夫のミタゾノの見逃しは<U-NEXT>で確認を!

関連動画(YouTube)

U-NEXTの情報に関する注意事項

本ページの情報は、2020年5月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました