シン・ゴジラ 「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明による新しい「ゴジラ」ストーリーが誕生

シン・ゴジラ
31日無料視聴OK

見どころ/ストーリー紹介

「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明による新しい「ゴジラ」ストーリーが誕生
ゴジラが放つ想定外の攻撃に度肝を抜かれること必至。危機に直面した日本政府の対応が細かく描かれていて興味深い。映画に初登場する自衛隊の最新兵器も見逃せない。
東京湾アクアトンネルの崩落事故が発生。政府で原因を探る中、突如東京湾に現れた未知の超巨大生物・ゴジラが陸に上がって街を破壊。日本政府はゴジラへの対応を目的とした緊急対策本部を設置するが、後手後手の対応によって事態が悪化していく。
2016年第90回キネマ旬報日本映画ベスト・テン2位

U-NEXTで合法に視聴する(31日間無料)

キャスト・スタッフ

出演 (内閣官房副長官 矢口蘭堂) 長谷川博己
(内閣総理大臣補佐官 赤坂秀樹) 竹野内豊
(米国大統領特使 カヨコ・アン・パタースン) 石原さとみ
(内閣官房副長官秘書官 志村祐介) 高良健吾
(保守第一党政調副会長 泉修一) 松尾諭
(環境省自然環境局野生生物課課長補佐 尾頭ヒロミ) 市川実日子
(防衛大臣 花森麗子) 余貴美子
(統合幕僚長 財前正夫) 國村隼
(農林水産大臣 里見祐介) 平泉成
(内閣官房長官 東竜太) 柄本明
監督 樋口真嗣
庵野秀明
音楽 鷺巣詩郎
脚本 庵野秀明
製作 市川南
公開:2016年

感想・レビュー

スピード感があり無駄のないテンポが良かった。

 出演者も豪華で、石原さとみも良かった。


面白い作品だった。

政府の頼りなさと自分の道をゆく実働部隊の対比が観ていて面白かった。

ゴジラも迫力があり、戦車や空軍の攻撃もかっこよくて思わず叫んでしまったほど。

面白く楽しめる映画だなぁと感じられた。


楽天ブックス

違法にアップロードされた動画の視聴は危険です

今現在『シン・ゴジラ』がPANDORAやDailymotionで観れないとしても、今後『シン・ゴジラ』の動画がアップロードされることがあるかもしれませんので、もう少しすれば、これらのサイトで無料で動画が見れると思ったりしませんか?

でもこれらの動画共有サイトの動画は、違法にアップロードされたものになるので、これらの動画を視聴するのは非常に危険です。

YouTubeの公式チャンネルであれば、番組で公式に制作したものなので問題ありませんが、動画共有サイトの動画などは、違法にアップロードされたかもしれないので、著作権に違反している危険性がります。

著作権に違反している動画をネット上にアップロードした人は処罰の対象となるというのは、良く知られていると思いますが、それだけでなく、視聴した人もも処罰の対象になる可能性がゼロとは言えません。

軽い気持ちで違法動画を見てしまって、後々大変なことになってしまうことがあるのです。

著作権に違反するだけでなく、無料の動画共有サイトに安易にアクセスすると、ウイルスに感染してしまう危険性もあります。

無料の動画共有サイトの中でも、中国が運営管理している動画サイトはリスクが高いです。

中国の動画共有サイトでは、、

  • ウィルスへの感染
  • 個人情報の抜き取り
  • 悪質なワンクリック詐欺サイトへの誘導

などの危険性が高いです。

 

後で後悔しないためにも、U-NEXTのような公式で動画を配信しているサイトで動画を見ることをおすすめします。

著作権法について

著作権法について調べてみました。

  • 他人のために市販の音楽CDから無断でコピーする。
  • 音楽を権利者に無断でインターネット上に公開する。(ダウンロードできる状態にする。)
  • 違法に公開された音楽とわかっていながらダウンロードする。

この中でも2012年10月1日から市販のCDやインターネット配信で販売されている音楽と知っていながら、ダウンロードしてしまうと刑事罰の対象となります。

 

これらは全て著作権法に違反した行為です。

著作権法では違法に公開された音楽とわかっていながらダウンロードすることは刑事罰の対象となります。

「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはその両方」の罰則が規定されています。

公式配信サイト以外での視聴は法的なリスクを伴うので絶対にやめましょう。

関連動画(YouTube)

U-NEXTの情報に関する注意事項

本ページの情報は、2020年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました