新聞記者 アカデミー賞3冠のキャスト・見どころ・レビュー

『新聞記者』を観るには、ブルーレイやDVDを購入したりレンタルしたりすればいいのですが、

私のオススメは、動画配信サービスで視聴することです。

動画配信サービスなら、いつでも自分の好きな時間に視聴できるので、とても便利ですね。

動画配信サービスの中で私の一番のオススメは、U-NEXTです。

新聞記者
31日無料視聴OK

見どころ/ストーリー紹介

国家権力の闇に迫る新聞記者とエリート官僚の葛藤を描く社会派サスペンス
シム・ウンギョンと松坂桃李がW主演。フィクションながら、ダイレクトに描かれる権力とメディアのさまざまな問題を通し、現代の日本に向きあうことの重要性を実感する。
東都新聞記者・吉岡のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXが届く。日本人の父と韓国人の母を持つ彼女は真相を究明するため調査を開始する。一方、現政権に不都合なニュースのコントロールを任された内閣情報調査室官僚・杉原は葛藤していた。

U-NEXTで合法に視聴する(31日間無料)

キャスト・スタッフ

出演 (吉岡エリカ) シム・ウンギョン
(杉原拓海) 松坂桃李
(杉原奈津実) 本田翼
(倉持大輔) 岡山天音
(関戸保) 郭智博
(河合真人) 長田成哉
(神崎千佳) 宮野陽名
(都築亮一) 高橋努
(神崎伸子) 西田尚美
(神崎俊尚) 高橋和也
監督 藤井道人
音楽 岩代太郎
脚本 詩森ろば
高石明彦
藤井道人
製作 河村光庸
公開:2019年

感想・レビュー

内閣情報調査室の悪事が明るみにされた。
悪事というのは、現政権に不都合な情報をコントロールしていることだ。

レイプ事件や大学新設など政府が裏で手を引いているような案件に対しての批判的なコメントに対抗するように政府よりのコメントをツイートして世論を操作している。

この任務に従事していたのが松坂桃李演じる杉原で、外務省から出向している官僚である。杉原は自分の隠蔽工作のような仕事内容に日々疑問を感じていた。

そんなある日、かつての上司が投身自殺したことをきっかけに意を決して立ち上がる。国の悪事を暴こうと真相を追及し、新聞社に勤める記者と協力する。

表向きは大学であり実態は軍事転用目的の生物兵器研究所の計画を新聞に掲載することにした。 しかし、内調からの圧力があり、それに屈した杉原は真相の追及を途中で断念する。

最後は自分の信念よりも組織に忖度した杉原が自己嫌悪に苛まれたような悲痛な表情で作品の幕が閉じられる。

実際に起った事件を思い浮かべながら観ていました。
最初からどんどんと引き込まれていきました。

新聞記者の女性の日本語がたどたどしい気がしていたのですが、外国の方だったのですね。
この方の演技も迫真に迫っていて素晴らしかったです。
日本アカデミー賞の3冠をとったということで、早速観てみました。

日本で、よくこんな映画を作れたなというのが一番の印象でした。

監督 藤井道人
シム・ウンギョン
松坂桃李
田中哲司

主演のシム・ウンギョンさん、
素晴らしかったです。流石に最優秀主演女優賞を獲った演技ですね。

そして、同じく最優秀主演男優賞の松坂桃李さん、
こちらの演技も素晴らしいのですが、人によって評価(好き嫌い)が分かれるかもしれませんね。

ストーリーは、 大学院設立に関わる政府の陰謀を巡る、女性ジャーナリストと官僚である内閣情報調査室の攻防と葛藤を描いた社会ドラマで、国家の闇を描いています。

まるで実話の出来事を思い出すような話です。

最初の方は物語が淡々と進んでいきますが、だんだんと国家の隠蔽、情報操作、脅迫と、背筋が寒くなる思いに駆られました。

主演のシム・ウンギョンさんは、圧力に負けず、信念に突き動かされ取材を続ける新聞記者を演じています。

松坂桃李さんは、正義と守るべき家族との間で苦悩する若き官僚役を見事に演じていました。

さて、松坂桃李さんは、最後にどんな決断をするのか・・・・・・・・

"嘘か本当かを決めるのはお前じゃない、国民だ"

クライマックスが衝撃的でした。
私の評価は、日本アカデミー賞の作品賞に値する作品だと思います。 
楽天ブックス

違法にアップロードされた動画の視聴は危険です

今現在『新聞記者』がPANDORAやDailymotionで観れないとしても、今後『新聞記者』の動画がアップロードされることがあるかもしれませんので、もう少しすれば、これらのサイトで無料で動画が見れると思ったりしませんか?

でもこれらの動画共有サイトの動画は、違法にアップロードされたものになるので、これらの動画を視聴するのは非常に危険です。

YouTubeの公式チャンネルであれば、番組で公式に制作したものなので問題ありませんが、動画共有サイトの動画などは、違法にアップロードされたかもしれないので、著作権に違反している危険性がります。

著作権に違反している動画をネット上にアップロードした人は処罰の対象となるというのは、良く知られていると思いますが、それだけでなく、視聴した人もも処罰の対象になる可能性がゼロとは言えません。

軽い気持ちで違法動画を見てしまって、後々大変なことになってしまうことがあるのです。

著作権に違反するだけでなく、無料の動画共有サイトに安易にアクセスすると、ウイルスに感染してしまう危険性もあります。

無料の動画共有サイトの中でも、中国が運営管理している動画サイトはリスクが高いです。

中国の動画共有サイトでは、、

  • ウィルスへの感染
  • 個人情報の抜き取り
  • 悪質なワンクリック詐欺サイトへの誘導

などの危険性が高いです。

 

後で後悔しないためにも、U-NEXTのような公式で動画を配信しているサイトで動画を見ることをおすすめします。

著作権法について

著作権法について調べてみました。

  • 他人のために市販の音楽CDから無断でコピーする。
  • 音楽を権利者に無断でインターネット上に公開する。(ダウンロードできる状態にする。)
  • 違法に公開された音楽とわかっていながらダウンロードする。

この中でも2012年10月1日から市販のCDやインターネット配信で販売されている音楽と知っていながら、ダウンロードしてしまうと刑事罰の対象となります。

 

これらは全て著作権法に違反した行為です。

著作権法では違法に公開された音楽とわかっていながらダウンロードすることは刑事罰の対象となります。

「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはその両方」の罰則が規定されています。

公式配信サイト以外での視聴は法的なリスクを伴うので絶対にやめましょう。

関連動画(YouTube)

U-NEXTの情報に関する注意事項

本ページの情報は、2020年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました