ワイルド・スピード EURO MISSION

『ワイルド・スピード EURO MISSION』を観るには、ブルーレイやDVDを購入したりレンタルしたりすればいいのですが、

私のオススメは、動画配信サービスで視聴することです。

動画配信サービスなら、いつでも自分の好きな時間に視聴できるので、とても便利ですね。

動画配信サービスの中で私の一番のオススメは、U-NEXTです。

ワイルド・スピード EURO MISSION
31日無料視聴OK

見どころ/ストーリー紹介

極悪非道な国際犯罪組織を叩き潰せ!メガヒット・シリーズの第6弾
人気シリーズの第6弾。欧州を舞台に、ドミニクたちが国際犯罪組織を相手に壮絶な戦いを繰り広げる。ド派手を極めた見せ場に加えて、人気スターが登場するラストも必見だ。
ブラジルの犯罪王からの大金強奪に成功したドミニク。その前に米国防総省国防保安部のホブスが現れ、元軍人ショウが率いる犯罪組織の壊滅を依頼される。組織に死んだはずの恋人レティがいるのを知らされたドミニクは、彼女の生死を確かめるためにも動き出す。

U-NEXTで合法に視聴する(31日間無料)

キャスト・スタッフ

出演(ドミニク・トレット)ヴィン・ディーゼル
(ブライアン・オコナー)ポール・ウォーカー
(ルーク・ホブス)ドウェイン・ジョンソン
(レティ)ミシェル・ロドリゲス
(ミア・トレット)ジョーダナ・ブリュースター
(ローマン・ピアース)タイリース・ギブソン
(テズ)クリス・“リュダクリス”・ブリッジス
(ハン)サン・カン
(ジゼル)ガル・ガドット
(オーウェン・ショウ)ルーク・エヴァンス
監督ジャスティン・リン
音楽ルーカス・ビダル
脚本クリス・モーガン
製作ニール・H・モリッツ
ヴィン・ディーゼル
クレイトン・タウンゼント

公開:2013年
楽天ブックス

違法にアップロードされた動画の視聴は危険です

今現在『ワイルド・スピード EURO MISSION』がPANDORAやDailymotionで観れないとしても、今後『ワイルド・スピード EURO MISSION』の動画がアップロードされることがあるかもしれませんので、もう少しすれば、これらのサイトで無料で動画が見れると思ったりしませんか?

でもこれらの動画共有サイトの動画は、違法にアップロードされたものになるので、これらの動画を視聴するのは非常に危険です。

YouTubeの公式チャンネルであれば、番組で公式に制作したものなので問題ありませんが、動画共有サイトの動画などは、違法にアップロードされたかもしれないので、著作権に違反している危険性がります。

著作権に違反している動画をネット上にアップロードした人は処罰の対象となるというのは、良く知られていると思いますが、それだけでなく、視聴した人もも処罰の対象になる可能性がゼロとは言えません。

軽い気持ちで違法動画を見てしまって、後々大変なことになってしまうことがあるのです。

著作権に違反するだけでなく、無料の動画共有サイトに安易にアクセスすると、ウイルスに感染してしまう危険性もあります。

無料の動画共有サイトの中でも、中国が運営管理している動画サイトはリスクが高いです。

中国の動画共有サイトでは、、

  • ウィルスへの感染
  • 個人情報の抜き取り
  • 悪質なワンクリック詐欺サイトへの誘導
などの危険性が高いです。

後で後悔しないためにも、U-NEXTのような公式で動画を配信しているサイトで動画を見ることをおすすめします。

著作権法について

著作権法について調べてみました。

  • 他人のために市販の音楽CDから無断でコピーする。
  • 音楽を権利者に無断でインターネット上に公開する。(ダウンロードできる状態にする。)
  • 違法に公開された音楽とわかっていながらダウンロードする。
この中でも2012年10月1日から市販のCDやインターネット配信で販売されている音楽と知っていながら、ダウンロードしてしまうと刑事罰の対象となります。

これらは全て著作権法に違反した行為です。

著作権法では違法に公開された音楽とわかっていながらダウンロードすることは刑事罰の対象となります。

「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはその両方」の罰則が規定されています。

公式配信サイト以外での視聴は法的なリスクを伴うので絶対にやめましょう。

関連動画(YouTube)

U-NEXTの情報に関する注意事項

本ページの情報は、2020年2月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました