エール(月~金)第10週「響きあう夢」(6/1~5日)のあらすじと見逃し動画配信を無料でお試し視聴するには? 裕一に最大のピンチ、音の記念公演は?

エール(月~土)

『エール(月~土)』を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!
『エール(月~土)』はU-NEXTで配信しているかも?
U-NEXTなら31日間無料でトライアル出来ます!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
エール(月~土)の見逃しチェックするなら<U-NEXT>


↓詳細は下記バナーをクリック↓

エール(月~土)第10週「響きあう夢」あらすじ

音(二階堂ふみ)の学校では、記念公演の『椿姫』の練習が始まった。

選考会の結果主役に抜てきされた音であったが、技術では千鶴子にかなわない音は、呼吸法や体作りに一生懸命に取り組み始めた。

鉄男(中村蒼)が、福島での記者の仕事を辞めて上京してきた。

鉄男は、社長令嬢との縁談を断っていた。そのことで色々と言われたため、記者の仕事に嫌気がさしていたのだった。

早速裕一(窪田正孝)は、鉄男をコロンブスレコードの廿日市(古田新太)に紹介したが、廿日市は取り合ってくれなかった。

というのも鉄男が作詞し裕一が作曲した『福島行進曲』が売れなかったからだった。

そこへ、木枯(野田洋次郎)がやってきて、裕一に頼みごとをするのだった。

木枯の頼みごととは、木枯のヒット曲『酒は涙か溜息か』の作詞をした高梨一太郎(ノゾエ征爾)の詩に曲をつけてほしいというものだった。

高梨は、『福島行進曲』を聞いて、裕一に曲を付けてほしいと希望していた。

早速裕一は、高梨の書いた『船頭可愛や』の詩に曲を付けた。

廿日市は、作詞が高梨一太郎だとわかると、すぐに採用してくれた。

「これが最後のチャンスだ!」と廿日市から言われた裕一であったが、またしてもこのレコードは売れなかった。

レコードが売れなかった裕一は、廿日市から契約終了を言い渡されてしまった。

そのうえ、これまでの契約金の返済を求められ・・・・。

上京以来最大のピンチを迎えた裕一に、女神の助けがあり・・・・。

音から裕一の事情を聞いた双浦環(柴咲コウ)が助け舟を出してくれた。

『船頭可愛や』を聴いた環は、「この曲、私、歌ってもいいかしら?この曲を私が歌って、もう一度レコードを出すの」と言い出し・・・・・・・。

世界的に有名な環が歌うことを聞いた廿日市は、乗り気になるが・・・・・。

しかしそこに横槍が入った。

小山田が異を唱えたのだった。

小山田は、環が歌うのなら西洋音楽の青レーベルから出すのが筋だと言い張り・・・・・。

実は小山田は、「自分の立場を脅かす新しい才能」を恐れていたのだった。

そのことを見抜いた環は、「何と反対されても私は歌います」と言いきり、レコードは発売された。

そうすると、環の歌う『船頭可愛や』は、発売されるやいなや大ヒットして!

一方音の学校では、音は記念公演に向けて地道に努力を続けていた。

音の日頃の頑張りが少しずつ現れてきたある日、音が妊娠していることが判明した。

どうしても舞台に立ちたい音であったが、演出家や他の出演者は困惑し、「おなかの子に障るから」と暗に降りるように言われて・・・・・。

音は、環に相談した。

「今は何より、舞台を成功させて、プロの歌手になることが夢だ」と訴える音に対して、環が伝えたのは・・・。

「プロってね、たとえ自分の子供が死にそうでも、舞台に立つ人間のことを言うの。あなたはその覚悟はあるのよね?」

環からプロの厳しさを伝えられた音は・・・・・。

それから二週間後、裕一は久志から、音の声量が落ちて、息も続かなくなっていると聞かされた。

音の体を心配して「舞台に出るべきではないのでは?」と音に言う裕一。

目に涙を浮かべた音は、「自分自身も迷惑をかけているとわかっている。それでも歌を諦めたくない。赤ちゃんにも会いたい。」と自分でもわからなくなっていた心境を吐露した。

こんな音に対して裕一からある提案が・・・。

「提案があるんだ。音の夢を僕に預けてくれないか?音が夢に向かって全力で向き合えるまで、自分がその夢を預かり育てる。その代わり、いつか自分が作った曲を音が大きな舞台で歌う夢を叶えてほしい!」

裕一の言葉にうなずいた音は、その翌日『椿姫』を降板し、そのまま学校に退学届けを提出した。

そして半年後、裕一と音の間に元気な女の赤ちゃんが誕生!

見どころ/ストーリー紹介

昭和の音楽史を代表する名作曲家とその妻をモデルに描く、音楽と共に生きた夫婦の物語
「栄冠は君に輝く」「長崎の鐘」などのヒット曲を残した作曲家・古関裕而とその妻・金子をモデルに、戦前~戦後にまたがる劇的な夫婦の人生を、時代を彩る音楽と共に綴る。
日本が生糸輸出量世界一となった明治42年。急速に近代化が進む福島の老舗呉服屋に、古山裕一が誕生する。少々ぼんやりしていて、取り柄がない子供だと思われていた裕一だが、音楽に出会いその喜びに目覚めると、独学で作曲の才能を開花させていく。
激動の時代を生き、音楽で人々を勇気づける主人公、古山裕一とその妻・音を演じるのは窪田正孝と二階堂ふみ。語りは“イケボ”で人気の声優・津田健次郎が担当。

キャスト・スタッフ

出演 (古山裕一) 窪田正孝
(関内音) 二階堂ふみ
(古山浩二) 佐久本宝
(古山浩二(子ども時代)) 潤浩
(関内光子) 薬師丸ひろ子
(関内吟) 松井玲奈
(関内梅) 森七菜
(藤堂清晴) 森山直太朗
(佐藤久志) 山崎育三郎
(村野鉄男) 中村蒼
(大河原隆彦) 菅原大吉
(桑田博人) 清水伸
原作 林宏司
音楽 瀬川英史
脚本 吉田照幸

『エール(月~土)』を見るならU-NEXTをチェック!
『エール(月~土)』はU-NEXTで配信しているかも?
U-NEXTなら31日間無料でトライアル出来ます!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
エール(月~土)を見るなら<U-NEXT>


↓詳細は下記バナーをクリック↓

著作権法について

著作権法について調べてみました。

  • 他人のために市販の音楽CDから無断でコピーする。
  • 音楽を権利者に無断でインターネット上に公開する。(ダウンロードできる状態にする。)
  • 違法に公開された音楽とわかっていながらダウンロードする。

この中でも2012年10月1日から市販のCDやインターネット配信で販売されている音楽と知っていながら、ダウンロードしてしまうと刑事罰の対象となります。

 

これらは全て著作権法に違反した行為です。

著作権法では違法に公開された音楽とわかっていながらダウンロードすることは刑事罰の対象となります。

「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはその両方」の罰則が規定されています。

公式配信サイト以外での視聴は法的なリスクを伴うので絶対にやめましょう。

楽天ブックス

『エール(月~土)』の第○話を見たい!
そんな時はU-NEXTをチェックしましょう!
U-NEXTでは『エール(月~土)』を配信しているかも?
U-NEXTなら31日間無料でトライアル出来ます!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
エール(月~土)の見逃しは<U-NEXT>で確認を!


↓詳細は下記バナーをクリック↓

関連動画(YouTube)

U-NEXTの情報に関する注意事項

本ページの情報は、2020年6月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました