麒麟がくる 第16話(5/3日放送)あらすじ 道三と高政の対立 十兵衛が下した決断とは?

麒麟がくる

見どころ/ストーリー紹介

明智光秀を軸に、戦乱の世を生きる英傑たちの運命の行方を描く群像劇
主人公の明智光秀役に長谷川博己を起用。大河ドラマ『太平記』の池端俊策が脚本を担当し、これまでの光秀像を白紙にして従来とは全く異なる新しい解釈で戦国の英雄を描く。
応仁の乱後の荒廃した世の中。東西の要衝たる美濃の地に、1人の若き虎・明智十兵衛光秀がいた。周囲を尾張の織田、駿河の今川、越前の朝倉に囲まれ、常に攻め込まれる危険を抱えた美濃で、彼の戦略的才能は土岐家の筆頭家臣・斎藤利政の目に留まり…。

麒麟がくる 第16話(5/3日放送)あらすじ

斎藤道三の次男・孫四郎と、三男・喜平次が、高政に殺害されるという事件が起こりました。

この事件をきっかけとして美濃を二分する闘いが始まりました。

孫四郎と喜平次が高政に殺されたと知った道三は、稲葉山城を出て、稲葉山から遠く、美濃の北にある大桑城に向かいました。

明智城では、光安と十兵衛がこの騒動について相談していました。

光安からどうちらに付くかと問われた十兵衛は、尾張へ行くことの許しを請います。

尾張で帰蝶に会った十兵衛。

予想通り帰蝶は、「もはや兄とも思わぬ」と、高政に対する怒りをあらわにしていました。

そんな帰蝶に十兵衛は、孫四郎をそそのかした帰蝶にも非があるのではないかと訴え、とにかく道三に肩入れする事は控えて欲しいと懇願するのですが・・・。

しかし帰蝶は、以前十兵衛が孫四郎を追い返した事で十兵衛に対する見方が変わっていました。

明智家を信じて孫四郎を行かせたのに、それを追い返された事で、十兵衛への信頼が無くなっていたのでした。

高政が今川と通じて信長を狙ってくるかもしれず、もはや美濃だけの騒動ではないという帰蝶。

そんな事にならない様に、自分が必ず阻止してみせると言う十兵衛。

しかし、帰蝶は全く聞く耳を持たず、十兵衛に帰れと言い放つのでした。

十兵衛が帰ったあと、隣の部屋で話を聞いていた信長は、十兵衛の気持ちも理解出来ると言い、更に道三が戦をしない方が良い理由を述べるのでした。

道三の兵は集めても2,000人ほどしかいない、これに対し高政の兵は1万人以上になると聞いているので、そういった意味でも道三は戦を避けた方が良いだろうと言う信長。

信長との話の後で帰蝶は、伊呂波太夫を呼び寄せる手配をするのでした。

その頃駿河では、太原雪斎が病死しました。しかしその事を隣国に知られないよう隠していました。

駿河を訪れていた東庵たちも、臨済寺で足止めされていました。

東庵と駒が寺の庭で豆を煮ていると、その匂いを嗅ぎながら近づく若者がいました。成長した竹千代でした。

竹千代は元服して「元信」と名を改めていました。

元信は、駒と東庵に話しかけ、豆を食べていると・・・・。

そこへ菊丸こと春次が、薬草を届けにきました。菊丸は時々、元信に薬を届けに来ていたのです。

そして菊丸は、元信や駒たちに、美濃では戦がいつ始まってもおかしくない状況だと説明するのでした。

それを聞いた駒は美濃荘の人々の事が気になり、菊丸に自分を国境まで連れ出して欲しいと頼むのでした。

稲葉山城では宴が開かれています。

光安は明智荘の領地を気にかけ、高政の機嫌をとろうと必死に振る舞っています。

高政に呼ばれた十兵衛は、帰蝶に会って美濃への手出しはせぬよう話してきたと言います。 それを聞いた高政は、自分も戦は気が進まないと言うのですが・・・。

明智家の今後について、光安には隠居してもらい、十兵衛が後を継ぐ事、そして、領地替えを考えていると言うのでした。

明智荘に戻った十兵衛が食事をしていると、道三が高政との戦を始める為、大桑城へ参戦せよと呼びかけているとの連絡が入ります。

早速光安に会いに行く十兵衛。 光安は、自分は道三がいる大桑城へ向かう、と道三側につく事を十兵衛に告げるのでした。

すると十兵衛は、とにかく2日だけ待って欲しいと光安に頼むのですが・・・・・。

大桑城へ急ぎ馬を走らせた十兵衛。

大桑城に着いた十兵衛は、そこで伊呂波太夫の姿を見かけました。

道三に会い、「出陣を止める為に参りました」と言う十兵衛。

すると道三から思わぬ言葉が・・。

「先程、帰蝶に頼まれた伊呂波太夫から、越前へ逃げ延びる手配をした、と言われた。」

「帰蝶は戦をしてもどうせ勝てぬというのだ。自分も迷い、仏様に問うたが、仏様は何も申さぬ。」

「高政は、私が父ではなく土岐頼芸が父だと言い、人を欺こうとしている。偽りを申す者は、必ず国をも欺く。」

「国を欺く者が守護になれば、決して国は穏やかにはならぬ。」

「家督を譲る相手を間違えた。」

必死で止める十兵衛の言葉に耳を傾けず、道三は、大声で戦の準備をするよう家臣たちに命じるのでした。

「自分は美濃しか作れず、誰にも手出しが出来ぬ、大きな国を作る事は出来なかったが、お前には出来るかもしれぬ。」と十兵衛に告げた道三。

そして、「信長は面白い男だ。信長は大きな事が出来る男だ。その信長から目を離さずにいれば、誰にも手出しが出来ぬ、大きな国を作る事が出来るかもしれない」と、十兵衛に期待を込めながら伝えたのでした。

明智荘に戻り、高政からも出陣の声がかかっていると聞かされた十兵衛。

「十兵衛様のお心のままに・・・」と言う煕子の言葉に考え込む十兵衛でした。

そして鉄砲を手に取り、鉄砲を通じて道三とのやり取りを思い出していた。

何かを決心した十兵衛。

十兵衛は立ち上がり、声をあげた。
「戦じゃ。戦に参る!」
「敵は高政だ!」

と言い、十兵衛たちも鶴山へ向かうのでした。


『麒麟がくる』を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!
『麒麟がくる』はU-NEXTで配信しているかも?
U-NEXTなら31日間無料でトライアル出来ます!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
麒麟がくるの見逃しチェックするなら<U-NEXT>

キャスト・スタッフ

出演(明智光秀(十兵衛))長谷川博己
(織田信長)染谷将太
(駒)門脇麦
(菊丸)岡村隆史
(煕子)木村文乃
(牧)石川さゆり
(明智光安)西村まさ彦
(三淵藤英)谷原章介
(足利義輝)向井理
(細川藤孝)眞島秀和
音楽ジョン・グラム


『麒麟がくる』を見るならU-NEXTをチェック!
『麒麟がくる』はU-NEXTで配信しているかも?
U-NEXTなら31日間無料でトライアル出来ます!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
麒麟がくるを見るなら<U-NEXT>

著作権法について

著作権法について調べてみました。

  • 他人のために市販の音楽CDから無断でコピーする。
  • 音楽を権利者に無断でインターネット上に公開する。(ダウンロードできる状態にする。)
  • 違法に公開された音楽とわかっていながらダウンロードする。
この中でも2012年10月1日から市販のCDやインターネット配信で販売されている音楽と知っていながら、ダウンロードしてしまうと刑事罰の対象となります。

これらは全て著作権法に違反した行為です。

著作権法では違法に公開された音楽とわかっていながらダウンロードすることは刑事罰の対象となります。

「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはその両方」の罰則が規定されています。

公式配信サイト以外での視聴は法的なリスクを伴うので絶対にやめましょう。

違法にアップロードされた動画の視聴は危険です

今現在『麒麟がくる』がPANDORAやDailymotionで観れないとしても、今後『麒麟がくる』の動画がアップロードされることがあるかもしれませんので、もう少しすれば、これらのサイトで無料で動画が見れると思ったりしませんか?

でもこれらの動画共有サイトの動画は、違法にアップロードされたものになるので、これらの動画を視聴するのは非常に危険です。

YouTubeの公式チャンネルであれば、番組で公式に制作したものなので問題ありませんが、動画共有サイトの動画などは、違法にアップロードされたかもしれないので、著作権に違反している危険性がります。

著作権に違反している動画をネット上にアップロードした人は処罰の対象となるというのは、良く知られていると思いますが、それだけでなく、視聴した人もも処罰の対象になる可能性がゼロとは言えません。

軽い気持ちで違法動画を見てしまって、後々大変なことになってしまうことがあるのです。

著作権に違反するだけでなく、無料の動画共有サイトに安易にアクセスすると、ウイルスに感染してしまう危険性もあります。

無料の動画共有サイトの中でも、中国が運営管理している動画サイトはリスクが高いです。

中国の動画共有サイトでは、、

  • ウィルスへの感染
  • 個人情報の抜き取り
  • 悪質なワンクリック詐欺サイトへの誘導
などの危険性が高いです。

後で後悔しないためにも、U-NEXTのような公式で動画を配信しているサイトで動画を見ることをおすすめします。

楽天ブックス

『麒麟がくる』の第○話を見たい!
そんな時はU-NEXTをチェックしましょう!
U-NEXTでは『麒麟がくる』を配信しているかも?
U-NEXTなら31日間無料でトライアル出来ます!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
麒麟がくるの見逃しは<U-NEXT>で確認を!

関連動画(YouTube)

U-NEXTの情報に関する注意事項

本ページの情報は、2020年5月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました