警視庁捜査一課長 2020 第7話(6/18日放送)容疑者はダイアモンドを崇拝する女社長

警視庁捜査一課長 2020

『警視庁捜査一課長 2020』を見逃してしまった!
そんな時はU-NEXTをチェック!
『警視庁捜査一課長 2020』はU-NEXTで配信中!
U-NEXTなら31日間無料でトライアル出来ます!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
警視庁捜査一課長 2020の見逃しチェックするなら<U-NEXT>


↓詳細は下記バナーをクリック↓

警視庁捜査一課長 2020 第7話 あらすじ

コロナで中断後の再開第1回目は、ジュエリー製造販売会社の常務・小松原重光(松田洋治)が自社ビルの非常階段の下で死んでいたという事件。

不思議な事に小松原は、小石を握りしめていた。

小松原は何者かに突き落とされたものと思われたが、警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)が調べてみると、遺体のポケットから同じような小石が7つも見つかった。

そして現場の階段の踊り場には、微量のふかしたサツマイモが付着していたので、小松原が握りしめていた石はサツマイモをふかす時の石かと思われたが、調べてみると石の種類が全く違っていた。

早速捜査をはじめた現場資料班刑事・平井真琴(斉藤由貴)は、小松原は社長の神石理沙子(羽野晶紀)とニューヨーク出店をめぐり、激しく対立していたという情報をつかんだ。

そして死んだ小松原は、クーデターを計画していて、事件翌日の役員会で理沙子の解任動議を出す予定だったこともわかった。

捜査の状況から理沙子を怪しんだ真琴は、雑誌記者・福光弘美(菊池麻衣子)のインタビューを受けていた彼女を直撃した。

しかし理沙子は、「ダイヤモンドはダイヤモンドでしか磨けない」「石ころはいくら磨いても石ころ」などと語るような高慢な人物だった。

ところが真琴は、ダイヤモンドの美しさをたたえる理沙子が、石ころを加工したペンダントを身に着けていることに違和感を覚えるのだった。 

さらに、宝石加工の職人・風岡寛治(忍成修吾)が、理沙子を追及する真琴を気にしていることを感じ取り・・・・・


『警視庁捜査一課長 2020』を見るならU-NEXTをチェック!
『警視庁捜査一課長 2020』はU-NEXTで配信しています♡
U-NEXTなら31日間無料でトライアル出来ます!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
警視庁捜査一課長 2020を見るなら<U-NEXT>


↓詳細は下記バナーをクリック↓

U-NEXTで合法に視聴する(31日間無料)

キャスト・スタッフ

出演(大岩純一)内藤剛志
(妹尾萩)三吉彩花
(笹川健志)本田博太郎
(武藤広樹)矢野浩二
(天笠一馬)鈴木裕樹
(奥野親道)塙宣之
(大岩小春)床嶋佳子
(小山田大介)金田明夫
監督池澤辰也
木川学
濱龍也
大山晃一郎
音楽山本清香
脚本深沢正樹
田辺満
洞口雷也
神田頼男
野地由久

楽天ブックス

関連動画(YouTube)


『警視庁捜査一課長 2020』の第○話を見たい!
そんな時はU-NEXTをチェックしましょう!
U-NEXTでは『警視庁捜査一課長 2020』を配信していますよ♪
U-NEXTなら31日間無料でトライアル出来ます!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
警視庁捜査一課長 2020の見逃しは<U-NEXT>で確認を!


↓詳細は下記バナーをクリック↓

U-NEXTの情報に関する注意事項

本ページの情報は、2020年6月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました